ユニバーサル野球 | Universal Baseball

お知らせ

「ユニバーサル野球」第二回試験試合と報告会開催  30人が選手登録し本番さながらのコールでプレイボール! プロ野球球団や国際野球関係者や元選手、学校関係者など86人が来場

首都圏の私鉄各社の鉄道車両整備と点検を行う堀江車輌電装株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役:堀江泰、 03-5213-4728、以下堀江車輌電装 )は、障がい者支援事業部(※)の取り組みのひとつとして、障がいがある人もない人も同時に楽しめるスポーツ「ユニバーサル野球」を開発しています。このほど、第二回となる試験試合を5月29 日に毎日メディアカフェ(毎日新聞社主催)で「誰でも野球が楽しめる『ユニバーサル野球』開発報告会&体験会」として実施しました。プロ野球球団や国際野球関係者、スポーツ関連企業、学校関係者など86人が来場しました。そのうち試験試合の参加を希望した30人が選手登録をして試験試合を楽しみました。

指先を1cm動かすだけでバットを振れる仕組みを説明

指先を1cm動かすだけでバットを振れる仕組みを説明

ユニバーサル野球は、障がいのある人もない人も同時に楽しめるスポーツを目指して開発しています。例えば、車いすのままでもバッターボックスに立てる、オリジナル開発のスタジアム「ユニバーサルスタジアム」を使います。ユニバーサルスタジアムは開発に開発を重ね、今回が三号機です。本塁からセンターフェンスまでは6mあり、市販の野球盤(約60cm)の10倍の直径で、一般的な野球場(120m)の20分の1に当たります。制作は今野梱包株式会社(宮城県石巻市)の協力で、強化ダンボールを使いました。車一台で簡単に運べて、少ない人数でも短時間で組み立てられる構造にするために、ジグソーパズルのようになっています。

 

今回のイベントで出たアイデアや改良点を生かして2020年をめどに完成させ、本試合大会を開催することを計画しています。その計画実現に向けて、今後解決するべきいくつかの課題のひとつは、バットとボールです。ボールを打ったときの「カキーン」という音と臨場感を味わえるようにすることにこだわっているからです。現在は、手作りのボールとバットであり、まだ臨場感のある音を出すことができません。

 

毎日メディアカフェの公式フェイスブックページで、当日の様子が紹介されています。

 

【会社概要】
堀江車輌電装株式会社
■本社
〒102-0073 東京都千代田区九段北1-3-2 大橋ビル5階
電話  03-5213-4728  ファックス 03-5213-4729
■日高作業所
〒350-1253 埼玉県日高市台462-1 西武鉄道株式会社 武蔵丘車両検修場内
■横浜作業所
〒227-8540 神奈川県横浜市青葉区恩田町704東急テクノシステム株式会社 長津田工場内
設立:1968年6月18日 資本金: 1,000万円 代表取締役: 堀江泰
ウェブサイト http://horie-sharyo.co.jp
事業概要  鉄道車両の整備・改造・点検、特定労働者派遣事業、有料職業紹介事業、ビルメンテナンス事業

 

PDFはこちら

 

【本リリースに関するお問合せ先】 堀江車輌電装広報事務局:荻野・田熊・石川
TEL:03-3798-2172 FAX:03-6809-3969  Mail:horiesharyo@argo-ms.com

お問い合わせ

ユニバーサル野球™についてのご質問や開催についてのご相談など、
お気軽にお問い合わせください。

公式ソーシャルメディア

FacebookやYouTubeからもユニバーサル野球の情報を発信しています!

  • Facebook
  • Youtube